不動産手付金とは一体なにか?

75bfed05838f8f4541cf89c2e57e6e7c_s

不動産手付金について誰にでも理解できるように優しく解説しています。

どんな人でも人生において1度は部屋を借りたり、マイホームを購入したり、不動産にお世話になることがあるでしょう。
不動産契約の際には何かよくわからないような誓約を色々書かされ、ちゃんと専門の知識がないと自分は得をしているのか損をしているのか理解できないと思います。不動産契約において全てを網羅することは難しいですが、その中でも特に購入者に直接関係のある手付金についてはちゃんと理解しておくと良いでしょう。

手付金は契約成立の前提として飼い主が売主に支払うお金です。
マンション売却においては条件の調整が完了することによって売買契約書を締結し、その際に手付金についての取り決めも行います。

手付金は3種類のものからなります。手付金は「頭金」ではないという認識は持っておくべきでしょう。
まず「証約手付」は、契約の締結を証明するために授受する手付です。契約が成立した際に発生します。これは多くの人がごく一般的に目にする「手付金」の内容だと思います。
他にも、「解約手付」というものがあり、契約の解除権を留保することに目的があります。つまり買主側も売主側も簡単に契約を反故にしないように設けられており、「解約手付」は売主は既に受け取っている手付金の倍額、買主は既に支払った手付金の変換を求められない、といった決まりがあります。
そして「違約手付」というものは当事者が契約違反をした際に、損害賠償とは別に違約の罰としてお金を徴収する手付金です。違約があった際に没収する手付金ですので、この手付金によって違約を牽制する狙いもあります。

以上のように、手付金は売買契約まで締結した取引を簡単に解約させための防止策でもあるのです。その手付金の設定額は法律的に定められたものは特にありません。しかし目安としては、中古物件の場合、売買金額の10%、3000万の中古マンションなら手付金は300万円になります。
手付金において注意しておきたいのは、買主が手付金の額を極端に少なく要求してきた場合で、そうなると売主は売買契約を締結した後に、さらに好条件で購入を希望する者が出たら売ることができなくなってしまうということです。買主側としても経済的な都合もあるが、簡単に契約解除されないためにも、売主としては10%に近い額で設定しています。

この手付金というものについて媒介業者・代理業者に支払う報酬、交換の差金といったものを不動産保証協会が守っています。補償金の請求もできる機関のため、手付金についてわからないことがあったり、不安なケースは問い合わせてみることをおすすめします。

手付金を上手く利用したい